<< 9.4 写真展「TIBET 失われた天空の国」 | main | 9.13〜18 TIBET 「大自然作品展 2010」 >>
2010.08.17 Tuesday

9.5 映画「 Meltdown in Tibet」上映&トーク 野田雅也

0


    映画「 Meltdown in Tibet」

    メルトダウン・イン・チベット

    中国はなぜチベットに多くの巨大ダムを建設しようとしているのか?
    下流で暮らす人々に振りかかる災難とは?
    中国はいったい何をしようとしているのか?
    数々の質問に対する答えをこの映像は描き出します。
    「メルトダウン・イン・チベット」は中国の水資源政策がはらむ危険やその影響に言及したドキュメンタリーです。


    日時 9月5日(日)開場14:00 開演14:30
    会場 JICA地球ひろば 3F 講堂(東京都渋谷区広尾4-2-24 )東京メトロ日比谷線広尾駅 徒歩1分
    参加費 500円(学生無料)予約不要
    ゲスト 野田雅也さん(フォトジャーナリスト)
    お問い合わせ meltdown@sftjapan.org
    主催 Students for a Free Tibet Japan
    協賛 JICA地球ひろば
    http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html


    著名人からのコメント

    湯川れい子さん(音楽評論、作詞家)

    地球資源の枯渇や温暖化によるエネルギーと食糧をめぐる争いにつづいて、私たちは近い将来、深刻な水不足に苦しむことだろう。
    でも、この映画が教えてくれている環境破壊の実情は、もっと人為的で、非情で、傲慢な恐ろしい現実なのだ。それは決して単純な環境破壊などではなく、意図的な他民族への迫害であり、伝統と権利への弾圧、搾取に他ならない。
    政治的な暴力や拷問のシーンは何ひとつ無いけれど、騙されてはいけない。メコン川の下流に住むタイやラオス、ベトナムの人たちが、中国の巨大ダム建設に抗議の声を上げているが、私たちも同じ母なる地球の恵みを受けている人間として、この環境破壊と、理不尽なエゴイズムに対して、もっと注意を払い、声を出していかなければいけないのではないだろうか。

    難波章浩さん(ミュージシャン ULTRA BRAiN - Hi-STANDARD)

    々が住む美しく謙虚な地、チベットが今何故恐怖に恐れているのか?
    チョモランマは泣いている。チベットはただ自然に生きたいだけ。
    対話をしよう!チベットを通して多くの事を学び、未来に伝えるのは僕達の義務なんだ!!
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM